BEASTARS あらすじとネタバレ

こんにちはー

Meiです☆

 

 

今回は動物が主役のマンガです(๑╹ω╹๑ )

 

よくネット広告で見かけたことがある方も

いるかもしれません。

 

「このマンガがすごい!2018」にノミネートされ、

「オトコ編」で見事2位の座を獲得した作品です。

 

肉食動物と草食動物が共存する世界、

その平和を維持するため、

彼らは宿舎で徹底的な教育を受けます。

 

コミなびで読める♪

>>>動物が主役?

 

 

主に斬新な世界観だと思わせるのは、

肉食動物は動物性たんぱく質を欲する本能を

コントロールする術を学び、

動物性たんぱく質を食べる=肉食

は犯罪とされる設定です。

 

 

>>>肉食動物が草食動物を食べるのが犯罪な世界

 

そんな世界で、主人公、

ハイイロオオカミのレゴシが過ごす学園で、

草食動物が食い殺される事件が起きる、

というところから物語が始まります。

 

 

動物の擬人化漫画なんて興味ない、

という方、

侮ることなかれ!

 

主人公のレゴシは言わずもがな、

アシタカのルイ、

ドワーフ種のうさぎ・ハル、

ジャイアントパンダのゴウヒン先生…

 

 

登場するキャラクターは皆、

その種族の特性を活かしながら、

人間にある葛藤や闇の部分とうまくリンクさせ、

読み進まずにはいられない展開で

それぞれの生きる上での課題や苦難を

克服していく様に読者を共感させていきます。

 

>>>種族が個性

 

という感想だけだと、

堅苦しく難しそうに思われるかもしれませんが、

そんなことはありません。

 

レゴシとハルの、

種族を越えた恋模様にハラハラしたり、

肉食は禁忌とされている世界のくせに、

闇市で肉が売られている状況を見て、

レゴシと一緒に思い悩んだり模索したり、

ルイのカリスマ性に女性読者は萌えを

わえるかもしれません。

 

>>>リアルな動物擬人化社会

 

 

表と裏、

建前と本音、

表社会と裏社会、

 

 

BEASTERSの中にあるそれらと、

現実世界のそれらが絶妙にリンクされており、

そこに面白さを見いだす読者もいるでしょう。

 

草食動物と肉食動物の間に友情は成り立つか

という部分には、

現実世界での似たようないろんな「違い」

と絶妙にリンクしていて、

共感したり「それはないだろう」と考えたり、

とにかく考えるきっかけもくれる作品です。

 

 

始めこそ「動物の擬人化」として読んでいたはずなのに、

気付けば表情豊かな登場人物たちに惹きこまれ、

物語や登場人物たちの心の移り変わりに没頭していて、

あっという間に読み終わってしまいます。

 

 

そして読み終えると

「続き…まだかな」

と待ち遠しくなってしまう、

先が読めない作品です。

 

 

大筋は「誰が学校内で食肉行為を犯したのか」

を解明するシリアスな展開ですが、

随所にレゴシの天然ボケで笑わせてくれるシーンがあり、

特に彼の純情な一面を見れば、

くすりと笑えてしまったり、

同世代の男子であれば妙な親近感を

覚えたりするかもしれません。

 

 

>>>最新刊はこちら